健康は自らを愛し、

いたわり、他人を愛し、

想いやることから生まれる

病気になるのも自分

治すのも自分です

お知らせ

Webサイトをリニューアルいたしました

 
代表の独り言

▲△代表 中山のブログはこちら△▲

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

心と体を左右する自律神経とは?

自律神経ってなに?

体内60兆個の細胞を同調・維持させ、人間の心身がその環境に適応できるよう循環・消化・吸収・代謝・体温調節・生殖といった人体の反射的な生命維持機能をコントロールしているキーパーソン、それが自律神経です。そのコントロールは、交感神経(緊張神経)と、副交感神経(リラックス神経)の組み合わせによる相互補完から成り立っており、『交感神経優位』の時は心拍数増加、血圧上昇、消化抑制といった効果が、『副交感神経優位』の時は逆に心拍数減少、血圧下降、消化促進といった効果が表れます。こうした相互補完性は私たちの体の内部環境や外部環境の変化に対応して、交感神経が優位になったり副交感神経が優位になったりとバランスが取られています。このバランスが保たれていればウイルスや癌細胞といった外部からの異物を排除・撃退する免疫システムが機能し健康体でいることが可能です。

自律神経ってなに?

 

自律神経のバランスが崩れたら?

自律神経のバランスが崩れたら?

現代社会に生きる私たちの周囲には、働き過ぎ、睡眠不足、対人関係による葛藤、心の悩みや不安などに加え多量の薬の長期使用、排気ガス、農薬、環境ホルモン、電磁波といった自律神経のバランスを乱すストレスが沢山存在しています。これらのストレスが原因となり自律神経の交感神経が刺激されることで、過度の緊張を促し副交感神経への戻りを悪くします。この揺れ戻しのバランスが乱れてくると、アドレナリンの過剰分泌による血管収縮で血行が悪くなり、大量の活性酸素の発生によって免疫力の低下を招きます。これは、氣(生命エネルギー)の流れが滞るといわれる現象でもあります。自律神経は色々な臓器や器官の機能(呼吸、脈拍、血圧、体温、発汗、排尿、排便等)を調整・コントロールしているので、氣の流れが滞るということは身体機能の乱れにもつながります。

 

自律神経と氣のエネルギー

自律神経のバランスが調和され、氣の流れがスムーズになれば、脳神経系(副交感神経の活性化)、血液循環系(ストレスホルモン低下)、免疫系(リンパ球の活性化)の正常化につながります。手や足、口といった体の各部分を自分の意思で動かすための体性神経は勿論のこと、自分の意志とは無関係に体の内部や外部からの刺激に自動的に反応しながら人体の生命維持機能を調整する自律神経も、すべて氣(真氣・邪氣)というエネルギーによってバランスが保たれています。氣の流れを整えることは、自律神経のバランスを整えることにつながり、健康維持のキーポイントとなります。

自律神経と氣のエネルギー

病気にならない生き方とは、身体を冷やさないこと!?

病気にならない=体を冷やさない

自分自身の健康管理がしっかり出来るようになれば、毎日、朝から晩までエネルギッシュで健康的な生活を送ることができます。『病気にならない生き方』と言ってもたくさんあると思いますが、今日お伝えする話はズバリ『体を冷やさない』ということです。すべての病気は冷えが原因と言われているくらいで、たとえば、雨に濡れて冷えたら風邪を引きます。寝冷えをすると下痢になります。これは体が冷えると免疫力が低下するからです。身近な例では、風邪や下痢ですが、アレルギー、アトピー、糖尿病、肝硬変、腎炎、がんなども冷えに起因していることがわかっています。

自律神経ってなに?

 

冷えると免疫力が下がるそのメカニズム

自律神経のバランスが崩れたら?

なぜ、冷えると免疫力が低下して、体に悪いのか。まず、体が温かければ体内の汚れを燃焼・浄化させることができます。燃焼・浄化された老廃物は、汗や尿となって体の外に排泄できるようになりますので、きちんと水分補給していれば、体の外に出すことができます。しかし、体が冷えていると体内の汚れを浄化できずに、そのまま溜め込むことになります。また冷えていると血液循環が悪くなり、体に悪い物質が貯留していきます。水をたくさん飲んだとしても、うまく循環しなくなります。そうした結果、肩こりや下痢などの症状となって現れます。 冷えている状態が長く続けば、老廃物が体に蓄積されていくので将来的には、アレルギー、アトピー、糖尿病、肝硬変、腎炎、癌などにもつながります。このように、体が冷えた状態であると、どんどんマイナスの循環に陥ってしまって、エネルギッシュに生活するどころか、 病気になってしまう可能性が高くなります。ですから、体の動かし方と食べる物と着ている衣服に気をつけて、体を冷やさないように生活することをお勧めします。

 

 

毛細血管と健康の関係

毛細血管って?

人体は約60兆個の細胞で構成されており、生命活動を維持するため血液循環により酸素や栄養を細胞に運び、不要となった二酸化炭素や老廃物を持ち帰り、体の外へ排出します。この働きをしているのが微小循環器系の毛細血管です。全身に広がる血管は全長10万キロメートル:地球2周半する長さになり、その内の9万キロメートル(90%)、数にして1,500億本が毛細血管のため、血液の多くが毛細血管に存在しています。この毛細血管は体中の組織細胞に網の目状に分布し、動脈と静脈の末端をつなぎ血管で直径は1,000分の7ミリしかなく、1層の内皮細胞と壁細胞(周皮細胞)でできています。この細胞の細さのため、血液と細胞の間で酸素・栄養と二酸化炭素・老廃物の物質交換を行っています。

自律神経ってなに?

 

毛細血管の血液循環について

自律神経のバランスが崩れたら?

生命活動を維持する重要な毛細血管の血液循環がうまくいかなくなると体に変調をきたし、代謝が損なわれ、活力が低下します。この状態を長期間続けるとさまざまな病気の要因になる恐れがあります。特にメタボリックシンドロームによる生活習慣病や心疾患など重い病気へのリスクが高くなります。2008年4月からスタートした、厚労省指針の特定健診・特定保健指導の重要項目がメタボ対策とされ、予防・対策として生活習慣の改善とされております。毛細血管を観察することで、日頃の生活習慣の状況をつかむことができ、改善の意識づけ、動機づけをより具体的に行えます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

記事一覧

  • All
  • コラム
  • 健康

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

会社概要

代表挨拶

以前、私自身が健康を害してことで、「“健康”に勝る財産はない。」ということが身に染みてこの世界に足を踏み入れました。また、治療家や整体師の方と接する機会が非常に多く、多少親しく話をさせていただきましたが、その中でも方治療法や経営面(集客)で非常に悩まれている方が多く、私みたいな者にも相談されるわけです。いやもしかしたら愚痴なのかもしれません(笑)
その後も百名以上の方とお会いしましたが、同業でないからこそ、気軽に愚痴をこぼせる事に気が付きました。内容は、経営(集客)の事が多いのですが、それ以上に驚いたのが、体力的な問題で先生自身に“未来展望がない”ということでした。先生方は自分の体を駆使している以上どうしても体力的に限界がある上に、経営面でもそうですが、相談できるところありません。
私も経営者の端くれなので、経営面のことならアドバイスはできます。これはもしかたら「天命」なのかと勝手に思い込んだのです。ただ、私どもは経営コンサルタントではありませんので、できる範囲でお手伝いをしようと考えています。あえて第三者的な立場にいることが大切だと思っています。

代表取締役 中山昌樹

概要

会社名 株式会社アクセスマネジメント
代表取締役 中山 昌樹
所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-24-9 五反田Nビル10階
TEL 03-5496-9722

 

アクセスマップ

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

お問い合わせ

TOP